メンテナンス(=自分が整うこと)によって、得られるもの 


 

ちょっとくらい 嫌なことがあったって

気にしないようにしてたら、いいんだよ。 


これは、社会人になって、職場の人間関係がうまくいかなかったときに、上司や先輩、そして同期の仲間たちから、教えてもらったアドバイスです。

 

周りのみんなは「気にしないように」ができるようで、先輩に注意されたり、やり取りの中で誤解が生じたり、お客さんとのことで思い悩んだりしても、その出来事から多くを学び、対応や関わり方を改善し、気が付くと、周りの信頼を集める人になっていたり、より親しくなっていたり、仕事も人間関係も、どんどん豊かになっているように見えました。

 

一方で私は、「気にしないように」が、まずできない。

軽く注意されたことでも「まずいことをした!怒られた」と落ち込んでしまう。

優しく声をかけてくださる人には、自分のことを話せても、厳しい対応をされてる人に近寄るで萎縮して、ミスが増えたり、思ってることが言えなかったり、聞かれた質問にさえしどろもどろで答えられない。

 

みんなが楽々やってることが、出来ないなんて。

この違いって、いったい何なんだろう?



気(エネルギー)のこと、メンタルのこと

結論から言うと、

 

色々あっても「気にしないように」ができて、気持ちを切り替え、どんどん改善していく強い人、魅力的な人たち

 

ちょっとしたことでへこたれて、先が見えなくなった私

 

その違いは、次の2つから来てました。

 

気(エネルギー)のこと そして メンタルのこと

 


色々やって、整ってきてたら理解できました。

強く魅力的な人たちは、ある程度、もともと整っているんです。

 

土台になるのは

本来の個性があって、そして、生まれてこれまでの成育歴、環境

 

土台の上に、様々な体験が重なって、今の「私」ができてます。

 

足りない能力を付け足してみたり、欠点を補ってみたりする前に、土台のところを整えることで、今私たちが取り組んでることが、楽になったり、広がったり、流れに乗ったりするのです。

 


整うと、自分なりにできるようになっていく

不思議なもので、整うと、皆それぞれに、自分なりにできるようになっていきます。

 

無意識に緊張していたり、固めているところに光を当てます。絡まっている思考も、解けていきます。

 


「リラックスした本来の自分に戻っていきます」。

 

私自身も、発達障害グレーゾーンな特性はありますが、自分が整ってくるごとに、特性は個性になってきて、特性があることでできることもまた、あるんじゃあないかな?と思ったりしてます。


「私」に生まれてよかったな。

みんなが、生まれ持った個性を活かして、毎日を伸び伸び過ごせますように。

そして、気軽にメンテナンスできるしくみが、社会で広くできたらいいな、と願って活動を続けています。