レイキ使い方

 

朝起きたときに


朝起きたときに、ファーストで習ったレイキシャワーをやってます。

たっぷりとレイキのエネルギーを受け取ってから動き出します。

目覚めもスッキリ、気持ちよく1日をはじめられます。

 

お腹がすっきりしないときに


お腹がスッキリしないとき、下腹部に手を当てます。シンボル1を使うこともあります。しばらくすると、トイレに行きたくなったりします。

 

からだを労っています


便秘だった時期が長かったので、すっきりお通じのあとに、お腹のあたりにレイキを流して「いつもありがとう」と言ってます。

 

眠れないときに


レイキをはじめてから、眠れない日はほとんどないのですが(以前は、思考がぐるぐる回ってましたが)、たまに眠れないときもあるものです。でも、寝ようとがんばらないで、せっかくゆっくりできる時間があるのだからとセルフヒーリングをやっていると、いつの間にか寝てしまっています。

 

遠隔ヒーリング


入院している友人に遠隔ヒーリングを。対面でのヒーリングでも、手のひらのあたりがとてもあったかくなってきて、友人も「落ち着くしリラックスできる」と喜んでくれてます。

 

対面ヒーリング


妹の出産に立ち会ったときに、しばらく腰のあたりにレイキをしていました。

レイキをはじめてから、子宮口の開きが早かったのですが、緊張状態の中でもリラックスできたからなのかしら。

 

いつの間にか


気が付いたら、花粉症がなくなっていました。確か、一昨年くらいまでは毎年悩みの種だったのですが。

 

自分を大切にしてる


いつも、やることに追われて、ゆっくりする時間を持てずにいたのですが、レイキを習ってセルフヒーリングをするようになりました。「自分のために時間を使ってるなぁ。自分を大切にするってこういうことなのかなぁ」と思ったりします。