みんな生き生きまぜごはん


私たちは、いまでも十分、持って生まれた個性を活かしてそれぞれに活動しています。

 

けれども、今の状態が、もう完全に自由で豊かなのかというと決してそうではありません。自覚しているところから無意識のところまで、思い込みや自分で作った制限、とらわれがあるために、必要以上に力を使わないといけなかったり、


本来ならば、すんなり進めていけるところで引っかかってしまい、途中で断念してしまったり、自分の評価を低く見積もってしまったり、そんなところも多いのです。

 

思い込みや制限、とらわれは、誰もがもっているものですが、望むなら、私たちはそれぞれに、自分自身を自由にさせていくこともできます。

 

すると、私たちひとりひとりが、持って生まれた独特の個性をそれぞれに発揮できるようになる。魂が望む本来の自分のやりたいこと、自分の役割を生きること、ただ生きることをたのしむこと。喜びとともに毎日をすごせるようになってきます。

 

私たちの社会は、まぜごはんのように、それぞれの持ち味が自然と生きてくるおもしろい社会になるでしょう。

 

長所も短所もまるごと使える。それぞれが自分の夢や目標を実現できる。どんな個性であったとしても、自分の個性で毎日を喜びとともに生きられる。そんな素敵な社会です。