お気軽にお問合せください

090-7757-9016

お問合せ

私たちには、自分をよくするチカラ、最善を選ぶチカラ、未来を創造するチカラが備わっています。

私たちが自分のチカラに気づき、より自由に望みを叶えたり や 大切な人との関係や日常が充実することを、ハッピーメンテナンスでは応援します。 ⇒ もっと詳しく



プロフィール

すがのかよ セラピスト

1973年 兵庫県加西市出身

  

趣味:散策、ジョギング、山登り(歩いていて景色がどんどん変わるのが好き)

     ミュージカル鑑賞など(舞台までの練習を想像してさらに感動してます)



【経験・資格】

感情を自由にするタッピングセラピー EFT-Japanセラピスト

実践心理学 NLPマスタープラクティショナー

カフェキネシインストラクター

ピーチタッチインストラクター 

レイキサードディグリー

他、メンタルワーク、ボディワーク、エネルギーワークの諸々の学び

 


自己紹介

 

子どもの頃から疎外感が常にありました。お友達と遊んでいても遊びに夢中になって「たのしい!」と感じていたのは数えるくらい。一緒にいるのに距離を感じたり、グループでの話にうまく入れなかったり。いつも頃からか「人の顔色」ばかりうかがうようになっていて、「嫌われないように振る舞う癖」がついていました。

 

「自分の気持ち」よりも「周りの人にどう思われているのか」を常に意識していると、自分の意見も言えなくなっていきます。当然、周りの人からは「おもしろくない」と思われたのでしょう。ますます孤立することになっていきます。

中学、高校、大学。居場所がないと感じながらもがんばって通学。人との関係がとれなかったので、社会人になって仕事をするようになると、なにもかもがうまくいかなくなりました。

 

はじめのころは、周りの人が性格わるいんじゃあないか、環境がわるいんじゃあないか、時期がわるいんじゃあないか、自分の外に原因をさがそうとしていたのですが、どうにもこうにもうまくいかない。嫌でも「自分がかわる必要があるのかも」と認めざるを得ませんでした。

 

でも「自分をかえる」と言ったところで、何をどうしたらいいのかわかりません。「感謝する」「周りの人に優しくする」「ポジティブに考える」世間でいいといわれていたことをやろうとしたけど、気持ち的にも続かない。「ポジティブに考えなきゃ!」とずっと意識し続けようとしても、疲れて半日でやめました。