エネルギーワーク

 

エネルギーワークのいいところは、エネルギーが整うことで、からだや心の持っている働きが活性化して、私たちの本来のいい状態を維持しやすくなるということです。

 

エネルギーというと、馴染みのない方にはピンとこないかもしれませんが、東洋医学で使われる気や経絡(エネルギーの流れるとされるルート)経穴(ツボ)なども含みます。

 

東洋医学の気と関連のある技法は、キネシオロジーやEFTです。

 

レイキは、からだのエネルギーやさらには、場や周辺のエネルギーも扱います。

 

 

エネルギーワークを習うということ

 

レイキなどは、ヒーラーからヒーリングをしてもらうことで、自分のからだのエネルギーが整い、からだや心の働きが活性化して、本来の状態を維持しやすくなると考えられています。だれかにやってもらうヒーリングも、心身は落ち着くし、安定するし、安心するし、いいものです。

 

ただ、欲をいえば、ご自身で習われることもおすすめします。

「自分でヒーリングができるほど、エネルギーを整える」ということのメリットはとても大きいからです。

直感がするどくなったり、感覚が繊細になったりするので、メンタルワークやボディワークなど、他の技法の底力がアップにもつながります。

 

といっても、急に実力が向上するというよりは、少しずつ馴染んでいく感じです。

最初は、なんだかよくわからない。でも、時間とともに少しずつ自分がかわっていってる。そんな変化をたのしんでいけるのも、エネルギーワークの醍醐味です。