Q.メンテナンスを続けていくと、毎日の中で笑顔がふえてきます。楽に自由に振る舞える時間もふえてきます。うれしいことなのですが、欲が出てきて、また次のメンテナンスしたいところが浮き上がります。

ずっと続けなくちゃいけないのかな? そして、これを続けてるとどうなるの?

 

A.もっともっと、生きやすくなります。自分らしく自由に振るまえます。

なぜならば、本当の自分=本音=魂が経験したいこと を体験する時間がふえるから。

前よりも、自由にらくになったところをよろこびながら、好奇心にまかせて、取り組んでください。



3、メンテナンスを続けていくと・・・

私たちは、もともと純粋な存在でした。なんでもできる存在でした。純度の高いきらきら光る存在でした。そんな私たちが肉体をまとい、この地球に生まれてきました。人との関わりの中で、さまざまな体験をするために。魂はすべてを記憶しています。けれども、この世の中に生まれ落ち、育っていくうち、私たちは魂の記憶を忘れます。

 


そして、育ってくる中で、両親、社会、関わる人たち、たくさんの人との関係の中でいろんなことを学びます。そして、価値感や信念ができてきます。いい悪いの判断、「~すべき」「~するのが当たり前」「私って○○な人」などなど。後天的に身につけた価値感や信念は、魂(本当の自分)が望んでいることと合っていることもありますが、異なることもあります。

 


さらに言えば、価値感や信念には、そう決めてしまった過去の「感覚的な記憶」や決めてしまったときの「感情」がくっついています。無意識レベルです。

たとえば、「みんなと一緒だったら安心」という信念があるときは、みんなと同じではなくなるときに、もやもや・ざわざわ気持ちが乱れることになります。

 


日々の生活の中で、不快に感じる「感情」や「感覚」を感じるところをメンテナンスしていきます。

「感情」や「感覚」がクリアになってくるほどに、信念や価値観もあぶりでてきます。

そして、「これ、いままで信じてきたけど、もう必要ないよね」と感じたら、信念も自分で選んで変えていきます。さらに、メンテナンスしているうちに、本音(=魂が望んでいること)も理解しやすくなってきます。「本当にやりたいこと=本当に望んでいること」と「言葉」そして「行動」が一致してくると、笑顔でいられる時間がどんどんふえます。

 


「魂=本当の自分」がやりたいこと、と聞くとむずかしいかもしれません。

でも、私たちはすでに経験しています。かんたんに言うと、子どもの頃、夢中で遊んだときのこと。

リラックスしています。じんわりと深い幸福感をかんじます。ストレスなく「取り組んでいることそのもの」が、心地いいと感じる瞬間です。

大人になって、よくわからないと言われるあなたも、ちっちゃなことから思い出してみてください。お気に入りのカフェで紅茶を飲む時間、周りのひとたちと心に曇りもなく笑い合う瞬間、何かを作ることに夢中になっているとき、などなど。自分らしくすごす自由で豊かな時間を、すこしでも多く毎日の生活の中で経験できたらいいですね。

 



ブログもごらんください


これからの教育や医療の分野がさらに発展していきますように。