かみさまとのやくそく


「かみさまとのやくそく~あなたは親を選んで生まれてきた~」というドキュメンタリー映画があります。

 

胎内記憶を持った子どもたちがいて、お母さんのお腹の中にいたときのこと、お腹に入る前のこと、さらには前世の記憶などを、大人に話してくれています。 

 


子どもたちは教えてくれます。

 

お母さんを自分で選んで生まれてきたこと。

人の役に立ちたくて生まれてきたこと。

まず最初に役に立ちたいのは、お父さん、お母さん。

特にお母さん。自分が生まれてお母さんが幸せになってほしくて、お母さんを選んだこと。

 

さらに、子どもたちは教えてくれます。

困難な条件や障害も、そのほうが、お空の上で自分が決めた体験ができるからという理由で選んできたと。 


「かみさまとのやくそく」の映画は

私たちが、魂の次元で選んだ、いまの境遇や個性で生きていくことで

「やりたいことをやる」「充実感や幸福感を感じて生活する」「使命を生きる」ことが可能だということを教えてくれます。

 

 

変えるべきは、自分の能力や持って生まれた個性ではなく

「◯◯でないと、それができない」という制限のある考え方

「幸せや成功って、きっとこういうもの」という一般化された理想の形

「◯◯しなやダメ!」「こうであらねば」という思い込み(信念)

などなど、固めてしまった考え方や気持ちなのかもしれません。

 

 

生まれてから、これまで育ってきた中で

無意識に決めてしまったこと

執着してしまったこと

諦めてしまったこと

そしてその原因となっているところを解いていき

 

生まれたときのような

ニュートラルな状態にもどり

「ありのままの私」で、毎日をすごしていけますよう

 

こちらでお伝えしている内容が

あなたのお役に立てば、幸いです。

 

すがのかよ